アレルギーの対処法

アレルギー症状を起こす猫が増えています。しかし、飼い主は猫がアレルギーを起こしていることに、なかなか気付けません。症状が重くなってから気付くことも多いのです。猫のアレルギーの兆候としては、便の回数が増える、かゆがる素振りをする、顔やお腹などに炎症があるなどがあります。飼い主が猫をよく観察することで、早めの対処ができるのです。

では、猫のアレルギーの対処法としてはどのようなものがあるのでしょう。アレルギーの原因としては、やはりキャットフードがあります。特売品や安価なキャットフードの中には、猫がアレルギーを引き起こすような低品質なたんぱく質や添加物、穀類が多く含まれていることがあります。つまり、キャットフードの見直しが最も効果的な対処法なのです。また、既にアレルギーのある猫には、アレルギー専用のキャットフードを与えるのがいいでしょう。消化しやすいように加工されていますので、アレルギー症状が出にくくなっています。アレルギーは食べたことのない食品では起こりません。これまでとは原材料の違うものを与えることも一つの策です。

そして、アレルギーは同じものを長期間与えることでも発症します。定期的に、キャットフードを違うものに変えるのも効果的です。その際は、なるべく高品質なたんぱく質を多く含み、穀類や添加物を使用していないキャットフードを選ぶようにしてあげましょう。このように、猫のアレルギーは飼い主のキャットフード選びにかかっていると言っても過言ではありません。慎重に、そして猫によい食事を選んでください。

Link⇒⇒最高級キャットフード シンプリー|サーモン50%以上配合で健康的なのにおいしい!

 

アレルギーの症状

猫はキャットフードとの相性で、アレルギーになることがあります。キャットフードの中に含まれる食品が原因とされますが、ではその症状にはどのようなものがあるのでしょう。まず最も多い症状として、皮膚炎があります。人間と同じようにかゆみを伴い、湿疹ができるという症状です。この場合、気を付けるべき点として、猫が患部を掻きむしり傷となることが挙げられます。その傷から菌が入り、重症化するケースがあるのです。

次の症状としては下痢です。比較的元気であっても、下痢をすることがあります。この場合は、アレルギーを疑ってみましょう。特に、キャットフードを違うものにしたときなど、下痢の症状が起こりやすくなります。このアレルギー症状による下痢は、大腸炎を引き起こす心配がありますので、便に血が混ざっている場合はすぐさま獣医に診てもらいましょう。

そして、喘息です。息苦しそうな行動を見せたり、あるいは咳をしたりする場合は、喘息である可能性が高いです。猫は咳をする動物ではありません。咳をするのは、病気になったときか、アレルギーが発症したかの場合となります。喘息の原因は、キャットフードの他にもハウスダストなどが考えられますが、やはり獣医に相談することが望ましいでしょう。

アレルギーの原因

犬とともに、ペットとして家族として人間に親しまれている猫ですが、最近、アレルギーの猫が増えていると問題になっています。猫も人間と同様に、食べ物が原因でアレルギー症状が起こるのです。猫の食べ物と言えば、ほとんどがキャットフードでしょう。すなわち、このキャットフードがアレルギーの原因となっていると考えられるのです。

では、キャットフードのどういった点が問題なのでしょう。アレルギーの原因となるアレルゲンですが、まずは穀物が挙げられます。中でも小麦やとうもろこしは、アレルギーになりやすい食品となっています。安価なキャットフードには、こういった穀物が大量に含まれているのです。

他にも、低品質なタンパク質が原因でアレルギー反応を起こすことがあります。元々、肉食の猫ですが、品質の悪い肉ではアレルギーを引き起こしてしまうのです。ただ、キャットフードの原材料として、肉は必須のものです。症状が出た場合は、キャットフードを変えることになります。そして、もう一つのアレルゲンとして卵があります。卵は安価なものから高価なものまで意外と含まれている食品です。購入する際には、原材料の記載をよく確認する必要があります。このように、キャットフードも万全とは言い切れません。猫の体調や行動をよく見て、アレルギー症状が出ているようならキャットフードを疑ってみてください。

猫の食事とアレルギー

近年、猫のアレルギーが増えてきて問題となっています。猫のアレルギーは、ほとんどの場合、キャットフードが原因と考えられています。猫は自分で食事を決められません。飼い主の選んできたものを食べるだけです。このサイトは、猫のアレルギーとキャットフードについて説明します。

猫はキャットフードに含まれる食品との相性で、アレルギーになります。そしてその食品は一つに特定できません。穀物でアレルギーになる場合もあれば、鶏肉、牛肉、豚肉と肉類で発症することもあります。また、卵アレルギーもありますので、飼い猫がどの食品と相性が悪いのかを飼い主はよく把握しておく必要があるのです。また、アレルギーの兆しとしては、トイレの回数が増えたり、やたらと身体を掻きむしったりという行為がみられます。こういった行動が見られたらアレルギーを疑ってみましょう。

アレルギーはどの猫にも起こり得ることです。アレルギー症状が見られたら、獣医に相談するのがいいのですが、飼い主も猫のためにできる限りのことはやるべきです。飼い主が猫のアレルギーに対してできることは、やはり毎日のキャットフード選びでしょう。特売品や安いキャットフードには、アレルゲンとなる食品が多く含まれていることがあります。原材料をよく確認することも必要ですし、定期的にキャットフードを変えることも大切です。猫は自分からアレルギーであることを伝えることができません。飼い主がよく観察し、食事選びにも気を遣うことで、アレルギーは防げますし、症状も緩和できるのです。