猫の食事とアレルギー

近年、猫のアレルギーが増えてきて問題となっています。猫のアレルギーは、ほとんどの場合、キャットフードが原因と考えられています。猫は自分で食事を決められません。飼い主の選んできたものを食べるだけです。このサイトは、猫のアレルギーとキャットフードについて説明します。

猫はキャットフードに含まれる食品との相性で、アレルギーになります。そしてその食品は一つに特定できません。穀物でアレルギーになる場合もあれば、鶏肉、牛肉、豚肉と肉類で発症することもあります。また、卵アレルギーもありますので、飼い猫がどの食品と相性が悪いのかを飼い主はよく把握しておく必要があるのです。また、アレルギーの兆しとしては、トイレの回数が増えたり、やたらと身体を掻きむしったりという行為がみられます。こういった行動が見られたらアレルギーを疑ってみましょう。

アレルギーはどの猫にも起こり得ることです。アレルギー症状が見られたら、獣医に相談するのがいいのですが、飼い主も猫のためにできる限りのことはやるべきです。飼い主が猫のアレルギーに対してできることは、やはり毎日のキャットフード選びでしょう。特売品や安いキャットフードには、アレルゲンとなる食品が多く含まれていることがあります。原材料をよく確認することも必要ですし、定期的にキャットフードを変えることも大切です。猫は自分からアレルギーであることを伝えることができません。飼い主がよく観察し、食事選びにも気を遣うことで、アレルギーは防げますし、症状も緩和できるのです。

Writen by admin