アレルギーの原因

犬とともに、ペットとして家族として人間に親しまれている猫ですが、最近、アレルギーの猫が増えていると問題になっています。猫も人間と同様に、食べ物が原因でアレルギー症状が起こるのです。猫の食べ物と言えば、ほとんどがキャットフードでしょう。すなわち、このキャットフードがアレルギーの原因となっていると考えられるのです。

では、キャットフードのどういった点が問題なのでしょう。アレルギーの原因となるアレルゲンですが、まずは穀物が挙げられます。中でも小麦やとうもろこしは、アレルギーになりやすい食品となっています。安価なキャットフードには、こういった穀物が大量に含まれているのです。

他にも、低品質なタンパク質が原因でアレルギー反応を起こすことがあります。元々、肉食の猫ですが、品質の悪い肉ではアレルギーを引き起こしてしまうのです。ただ、キャットフードの原材料として、肉は必須のものです。症状が出た場合は、キャットフードを変えることになります。そして、もう一つのアレルゲンとして卵があります。卵は安価なものから高価なものまで意外と含まれている食品です。購入する際には、原材料の記載をよく確認する必要があります。このように、キャットフードも万全とは言い切れません。猫の体調や行動をよく見て、アレルギー症状が出ているようならキャットフードを疑ってみてください。

Writen by admin