アレルギーの症状

猫はキャットフードとの相性で、アレルギーになることがあります。キャットフードの中に含まれる食品が原因とされますが、ではその症状にはどのようなものがあるのでしょう。まず最も多い症状として、皮膚炎があります。人間と同じようにかゆみを伴い、湿疹ができるという症状です。この場合、気を付けるべき点として、猫が患部を掻きむしり傷となることが挙げられます。その傷から菌が入り、重症化するケースがあるのです。

次の症状としては下痢です。比較的元気であっても、下痢をすることがあります。この場合は、アレルギーを疑ってみましょう。特に、キャットフードを違うものにしたときなど、下痢の症状が起こりやすくなります。このアレルギー症状による下痢は、大腸炎を引き起こす心配がありますので、便に血が混ざっている場合はすぐさま獣医に診てもらいましょう。

そして、喘息です。息苦しそうな行動を見せたり、あるいは咳をしたりする場合は、喘息である可能性が高いです。猫は咳をする動物ではありません。咳をするのは、病気になったときか、アレルギーが発症したかの場合となります。喘息の原因は、キャットフードの他にもハウスダストなどが考えられますが、やはり獣医に相談することが望ましいでしょう。

Writen by admin